FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Don Sebesky (arranger and conductor)のビッグバンドをバックにKenny Burrell がBluesに挑戦します

録音: A&R Studio,NY
1967年12月15日、1968年2月12日- 1-5,7,8,10
1968年2月19日-6,9,11
演奏者:Kenny Burrell (g)
Herbie Hancock (p) - 1-5,7-11
Ron Carter (b) - 1-5,7-11
Grady Tate (ds) - 3-5,7,9,11
Don Sebesky (arranger and conductor) - 1-5,7,8,10
Jimmy Cleveland、Wayne Andre (tb) - 1-5,7,8,10
Jerome Richardson (ts,fl) - 1-5,7,8,10
Johnny Pacheco (percussion) - 1-5,7,8,10
Bill Watrous、Paul Faulise (tb) - 1,2,8,10
Snookie Young、Jimmy Owens、Bernie Glow (tp) - 1,2,8,10
Don Butterfield (tuba) - 1,2,8,10
Donald McDonald (ds) - 1,2,8,10
Urbie Green、Tony Studd (tb) - 3-5,7
Ernie Royal、Jimmy Nothingham、Thad Jones (tp) - 3-5,7
Harvey Phillips (tuba) - 3-5,7

曲目:
1. Everydays
2. Every Day (I Have The Blues)
3. The Preacher
4. Angel Eyes
5. The Common Ground
6. Were You There?
7. Burning Spear
8. Wonder Why
9. Soulful Brothers
10. See See Rider
11. Sausilito NIghts
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1864-f23a9adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック