FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


お馴染みの名盤で、私が初めてLPで聴いたのは高校生の頃で、変拍子の魅力にはまりました
その後、変拍子を使った「兵士の物語」など、ストラヴィンスキーの作品に夢中になりました
懐かしいアルバムです
演奏者:The Dave Brubeck Quartet
Dave Brubeck(p)
Paul Desmond(as)
Gene Wright(b)
Joe Morrello(ds)

曲目:
1. Blue Rondo A La Turk
2. Strange Meadow Lark
3. Take Five
4. Three To Get Ready
5. Kathy's Waltz
6. Everybody's Jumpin'
7. Pick Up Sticks
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
お早うございます♬
> nyankoharuさん
ハルサイのスコアを初めて見たときは、どうやって振るのだろう思っていましたが、Charles Munchの指揮をTVで見ましたら、小節を跨いでフレーズで振っていました(*^^)v
2010/08/10(火) 06:55:49 | URL | nmzk #Wh5SkbOM[ 編集]

こんばんは
The Dave Brubeck Quartet At Carnegie Hall
を紹介していただいたとき買いました。
高校の時、SAXの先輩が気持ちよさそうに吹いていました。
変拍子とはいえ、ハルサイのように小節毎に拍数が変わることが無いので、
すぐに5拍子の心地よいゆりかごに包まれるところがいいですね。
2010/08/09(月) 22:50:31 | URL | nyankoharu #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1406-2ebd22ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック