FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


Simon Rattleが続きます。
今回はCity of Birminghams Symphony Orchestraとのコンビです。
秋にこの作品を聴くと辛くなりますが、この時季に聴くのも良いですね。
Rattleの解釈は厭世的にならず、さわやかな自然の流れを感じます

録音:1995年12月28~30日 Butterworth Hall, Arts Center, University of Warwick
演奏者:Simon Rattle(指揮)、City of Birminghams Symphony Orchestra
Peter Seiffert(tenor)
Thomas Hampson(baritone)

曲目:Mahler
Das Lied Von Der Erde
1. Das Trinklied vom Jammer Der Erde
2. Der Einsame im Herbst
3. Von Der Jugend
4. Von Der Schonheit
5. Der Trunkene Im Fruhling
6. Der Abschied
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
そうでしたか!!
> nyankoharuさん
そういうことって有りますよねv-15
RattleもChaillyも好きな指揮者です。
これをきっかけにお聴き下さいv-266
2010/08/04(水) 22:33:38 | URL | nmzk #Wh5SkbOM[ 編集]

こんばんは
実は Simon Rattle、1枚も無いんです。
特に嫌う理由も無いし、まず聴いたことが有りません。
これを機会に聴いてみましょう。

あと、シャイーも有りません。(^o^)ゞ
2010/08/04(水) 22:12:17 | URL | nyankoharu #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1399-a7ce55cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック