FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


昨日に続いて、Boulez, Clevelandを続けます。
この作品いつもは夏になると聴くのですが、昨日は初夏を思わせるような暖かさでしたので聴きたくなりました
名演奏が多いですが、このアルバムが最も完成度が高いと思います。

録音:1996年3月 Masonic Auditorium, Cleveland
演奏者:Pierre Boulez(指揮)、The Cleveland Orchestra & Chorus〈6.-8.*〉

曲目:Berlioz
Symphonie Fantastique Op. 14
1. I. Reveries: Largo - Allegro agitato e appassionato assai
2. II. A Ball: Valse. Allegro non troppo
3. III. Scene In The Country: Adagio
4. IV. March To The Scaffold: Allegretto non troppo
5. V. Dream Of A Sabbath Night: Larghetto - Allegro - Dies irae - Ronde du Sabbat - Dies irae et Ronde du Sabbat ensemble

Tristia Op. 18
6. I. Meditation religieuse (Ce monde entier)
7. II. La Mort d'Ophelie (Aupres d'un torrent)
8. III. Marche funebre pour la derniere scene d' (Hamlet)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1239-6c9c3d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック