FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


1992年11月20日デトロイトのクラブでのLiveで、インストルメンタルの部分だけを編集したアルバムです。
Frank Fosterは1996年に前任のThad Jonesから引き継ぎましたが、当時残っていたメンバーはその後ほとんど若手のメンバーに入れ替わっています。

録音:1992年11月20日 Orchestra Hall, Detroit Live
演奏者:Frank Foster(指揮)、Count Basie Orchestra
Mike Williams, Derrick Gardner, Melton Mustafa, Bob Ojeda(tp)
Frank Foster(ts,ss), Kenny Hing, Doug Miller(ts,fl)
Manny Boyd(as,piccolo), Danny Turner(as,fl)
John Williams(bs,bcl)
Mel Wanzo, Clarence Banks, Bill Hughes, Robert Trowers(tb)
Charlton Johnson (g)
George caldwell(p)
Cleveland eaton(b)
David Gibson(ds)

曲目:
1. Firm Roots
2. Three in One Blues
3. Hampton Strut
4. For My Lady
5. Way Out Basie
6. Clanks
7. Basie's Bag
8. Here's That Rainy Day
9. Count Basie Remembrance Suite: We Be Jammin'/Transition/Lady Carolyn/State of the Art Swing
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1222-2a9be655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック