FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


音楽が具体性を持つことと、その作品が優れていることは必ずしも一致しないことも有りますが、このアルバムでは作品、演奏とも怖いくらい完成されているように感じました。

録音:Phiharmonie, Berlin
1992年12月9-11日〈1.-12.〉
1992年9月3-4日〈13.-17. 18.〉
演奏者:Claudio Abbado(指揮)、Berliner Philharmoniker
〈1.-12.〉:
Susanne Lothar, Bruno Ganz(reciters)
Barbara Bonney(soprano)
Susanne Otto(mezzo-soprano)
Marek Torzeuski(tenor)
Dietrich Knothe(合唱指揮)、Rundfunkcbor Berkin

〈13.-17. 18.〉
Marjana Lipovšek(mezzo-soprano)

曲目:
Il canto sospeso:Luigi Nono〈1.-12.〉

Gustav Mahler
Kindertotenlieder〈13.-17.〉
Ich bin der Welt abhanden gekommen〈18.〉
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1202-91dc193f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック