FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


今回は French Recorder Sonatasです。
みんな素敵ですが、17の曲の小鳥の鳴き声のようなメロディーは郷愁を感じます

録音:
1970年2月〈1-12〉Bennebroek, Holland
1978年〈13-16〉Doopsgezinde Kerk, Haarlem
〈17〉は不明
演奏者:
Frans Bruggen(recorder), Anner Bylsma(cello), Gustav Leonhard(harpsichord)〈1-3, 8-12〉
Frans Bruggen, Walter van Hauwe(recorder)〈4-7〉
Frans Bruggen, Kees Boeke, Walter van Hauwe(recorder)〈13-16〉
Frans Bruggen(recorder), Gustav Leonhard(harpsichord)〈17〉

曲目:
Sonata in C major 'La Barssan' : Philibert Delavigne
1 Gracieusement
2 Rondeau, Pas trop vite
3 Tambourin

Sonata in F minor : Joseph Bodin de Boismortier
4 Doucement
5 Courante
6 Allemande
7 Menuet

Sonata in D minor : Anna Danican Philidor
8 Lentement
9 Fugue
10 Courante
11 Gracieusement
12 Fugue

Sonata (a 3 dessus) in Bb major : Louis-Antoine Dornel
13 不明
14 Fugue, Gayment
15 Lentement
16 Vivement

17 Le rossignol en amour : Françis Couperin
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1177-845b8098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック