FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Sibelius: Symphony No. 1; Karelia Overture & Suite; Finlandia

フィンランド放送交響楽団
BMGビクター
発売日:1993-08-21


指揮者のJukka-Pekka Saraste(ユッカ=ペッカ・サラステ)は1956年4月22日フィンランドのヘイノラに生まれ、ラハティ音楽院でピアノとヴァイオリンを学んだ後、シベリウス音楽院でヨルマ・パヌラの元で指揮法を学び、指揮に転向。
1981年、スカンジナヴィア指揮者コンクールで優勝し、ヘルシンキ・フィルを指揮してデビュー。
1987年からフィンランド放送交響楽団と、スコットランド室内管弦楽団(1991年まで)の首席指揮者も務めた。
また1995年から2001年まではトロント交響楽団の音楽監督も兼務、2006年8月にはアンドレ・プレヴィンの跡を継ぎ、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任、2006年8月にはアンドレ・プレヴィンの跡を継ぎ、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任した。2008年からラハティ交響楽団首席指揮者

録音:1987年~88年 Culture House, Helsinki
演奏者:Jukka-Pekka Saraste(指揮)、Finnish Radio Symphony Orchestra

曲目:Sibelius
Symphony No. 2 in D, Op.43
1. Allegretto
2. Tempo andante, ma rubato
3. Vivacissimo
4. Finale: Allegro moderato

from Incidental Music to "Kuolema", Op.44
5.Scene uith Cranes
6. Valse triste

7. Night Ride and Sunrise, Op.55
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1166-ae07f570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック