FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Louis Armstrong and His All-Stars
1201 Music
発売日:1989-09-01

Louis Armstrongが続きます
1950年代、Louis Armstrong and His All-Starsが海外へ出るようになり大人気となり、1956年からは国務省派遣の文化使節として活躍するようになります。
このアルバムはその頃のライヴ演奏です。

録音:
1956年7月〈1.-11.*〉
1957年10月17日〈12. 13.*〉
演奏者:Louis Armstrong and His All-Stars
Louis Armstrong(tp,vo)
Trummy Young(tb)
Ed Hall(cl)
Billy Kyle(p)
Dale Jones(b)
Barrett Deems(ds)

Velma Middleton(vo)〈12.*〉
Squire Gersh(b)〈12. 13.*〉
Danny Baecelona(ds)〈12. 13.*〉

曲目:
1. When It's Sleepy Time Down South
2. (Back Home Again In) Indiana
3. Gypsy
4. Basin Street Blues
5. Tiger Rag
6. Struttin' With Some Barbecue
7. Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
8. On the Sunny Side of the Street
9. Black and Blue
10. When the Saints Go Marching In
11. You Can Depend on Me
12. Baby, It's Cold Outside
13. Mahogany Hall Stomp
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1160-bcdeac1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック