FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Wagner: Der Ring des Nibelungen Siegfried Disc 3

『ニーベルングの指環』第2日:《ジークフリート》
【第2幕・第2場】
そのうちジークフリートは、枝で鳴く小鳥のさえずりを理解しようと唄を真似してみたがうまくいかず、角笛を吹いて鳥に聴かせようとします。
その音で大蛇ファーフナーが目を覚まします。

怒ったファーフナーと渡り合い、ジークフリートはノートゥングを大蛇の心臓に突き刺し、その返り血を浴びます。
その血を舐めると、ジークフリートは森の小鳥の声の意味がわかるようになっていました。

小鳥が洞窟の中に財宝が在ることを教えたので、ジークフリートは小鳥の声に導かれて洞窟の中に入り、財宝を手にします。

【第2幕・第3場】
ミーメが現れ、アルベリヒと鉢合わせになり罵りあうが、ジークフリートが出てきたのでアルベリヒは消えます。

ミーメはジークフリートを厄介払いしようという魂胆で、毒薬をなんとか飲ませようとしていました。
しかし、大蛇の血を舐めたジークフリートはミーメの心の企みをも聞き取ることができたのです。
ミーメを一刀両断にしたジークフリートに、森の小鳥が♬ブリュンヒルデという女性を手に入れよ♬と歌いかけ、彼は小鳥が教えてくれた、岩山で眠るブリュンヒルデのもとへと向かいます。

【第3幕・第1場】
ブリュンヒルデの眠る岩山のふもとで、ヴォータンは大地の母神エルダを呼び、神々の不安を取り去る手立てを問いますが、彼女は答えられず、エルダの衰えを知ったヴォータンは彼女を永遠の眠りに帰ってゆかせます。

録音:1962年5月~10月 ゾフィエンザール(Sofiensaal)ウィーン
演奏者:
サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 、ウィーン国立歌劇場合唱団

ジークフリート=ヴォータンの子ジークムントとジークリンデの子:ヴォルフガング・ヴィンセントガッセン(T)
森の小鳥:(S)
ファーフナー=巨人族、大蛇に変身:クルト・ベーメ(Bs)
ミーメ=ニーベルング族の小人=アルベリヒの弟:ゲアハルト・シュトルツェ(T)
アルベリヒ=ニーベルング族の小人:グスタフ・ナイトリンガー(Br)
さすらい人=神々の王ヴォータンの仮の姿:ハンス・ホッター(Br)
エルダ=大地の母神、ブリュンヒルデの母:マルガ・ヘフゲン(A)
森の小鳥=ジョーン・サザランド(S)

楽劇「ジークフリート」全曲
第2幕 第2場
1.「だが、俺のお母さんは、どんなだったかなあ?」
2.「俺のお母さん人間の女!」
3.「俺の歌はすてきな奴を呼び寄せたらしい!」
4.「お前は誰だ、大胆な男の子」
5.「死んだ奴は教えてはくれない」
第2幕 第3場
1.「こんなに急いで抜け目なく」
2.「お前たちが、何の役に立つのか」
3.「やあ、ジークフリート!」
4.「腹黒い大蛇め、お前もここだ」

第3幕
1. 前奏曲

第3幕 第1場
1.「起きろ、ヴァーラ」
2.「力強く歌声が呼ぶ」
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1137-ae1503e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック