FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


Vladimir Horowitz Collectionの30枚目はThe Historic Return: Carnegie Hall 1965 Disc 1で、彼は1953年の2月25日の公開演奏から12年振りに復帰しました。
J.S.Bach,Schumann,Scriabinの作品を演奏しています。

ここをクリックすると試聴できます。→ディスク:30

録音:1965年5月9日 Carnegie Hall, NYC Live
演奏者:Vladimir Horowitz(p)

曲目:
Disc 1
トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564:J.S.Bach
1. I.Preludio,quasi improvvisando.tempo moderato
2. II.Intermezzo.Adagio
3. III.Fuga.Moderamente scherzando,un poco umoristico

幻想曲 ハ長調 作品17:Schumann
4. I.どこまでも幻想的にかつ熱情的に演奏すること
5. II.中庸に。どこまでも精力的に
6. III.ゆるやかに演奏すること。どこまでも静けさをたもって

Scriabin
7. ピアノ・ソナタ 第9番 作品68「黒ミサ」 試聴する
8. 詩曲 嬰ヘ長調 作品32-1
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/1110-71da9e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック