FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


有田正広, 有田千代子, 平尾雅子, ドビュッシー, クープラン, ヴィルジリアーノ, テレマン, モーツァルト, フェルー / コロムビアミュージックエンタテインメント(2006/07/19)
Amazonランキング:13891位
Amazonおすすめ度:


明日は早朝から東京へ出張(12日まで)なので、今晩も気持ちの安らぐアルバムを聴きます♪

フルートの演奏者に関心を持ったのは高校1年の時クルト・レーデルを聴いてからです。
それからマルセル・モイーズ、オーレル・ニコレ、フランス・ブリュッヘンと続いて有田正広さんを知りました。

これはフルート音楽400年の歩みを伝えるもので、各種のフルートをこなし古楽から現代音楽までの作品をきちんと理解している、彼ならではのアルバムだと思います♪

録音:1998年12月1、2、14、15日 横浜みなとみらいホール
演奏者
有田正広(フルート)、有田千代子(チェンバロ、フォルテピアノ、ピアノ)、平尾雅子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

曲目
ディスク:1
1. パンの笛、またはシランクス:ドビュッシー
2. 恋のうぐいす:クープラン
3. トラヴェルサ・ソロのためのリチェルカータ~《甘い果実》より:ヴィルジリアーノ
4. フランス風シンフォニー~《忠実な音楽の師》より: テレマン
5. アリア《ああ、わたしにはわかるわ、消え伏せてしまったことが》《魔笛》より:モーツァルト
6. フルートのための3つの小品:フェルー
7. ソナタ・ニ短調:チーマ
8. セレナード:ウッダール
ディスク:2
1. 3つのサロン・エチュード:ドンジョン
2. ロンド・ホ短調:クーラウ
3. グラン・ソロ第13番イ短調: テュルー
4. 組曲ホ短調:クヴァンツ
5. ブリュネットとドゥーブル「ある日のぼくのクロリスは…」:オトテール, ランベール
6. 3つの小品:ブラベ
7. イタリア風グラウンドによるディヴィジョン~《愉快な仲間》より:カー
8. 冥:福島和夫
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/108-ab5ea1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック