FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

いつもご覧いただき
ありがとうございます。

この3連休は寒くなるとのことで
せっかくの3連休なのに...


という事で
暖かくなるアンプ
真空管アンプをご紹介します。


昨日、当店の来週のイベント
LINN & Fuhlen Coordinate 冬の合同試聴会 2019」で
使用予定のOctave V110SEを持ってきていただきました。

そこで、
先にご試聴していただけるように
セットしてみました

v110se ブログ


Octave社はドイツ 真空管アンプメーカーで
入力ソケットやトランスなど主要パーツを自社で設計・生産しています。
更にトランスなどは各モデル専用に設計・生産しています。

V110SEは出力管にKT120を採用しているのですが、
KT100、KT90、6550、KT88、EL34への差し替えも出来ます。

また、バイアス調整も簡単に出来るので、真空管を変えて
の違いを楽しめます。

Octaveのアンプ全般に共通しているのは
非常にスピーカーを鳴らす力が高いことだと思います。

JBLのような大型スピーカーや
B&Wのように鳴らしにくいスピーカーなど
通常セパレートアンプでないと上手く鳴らないようなスピーカーも
しっかり鳴らします。

音も一般的なイメージの真空管アンプのような
柔らかくてゆったりした鳴り方ではなく、
1つ1つの音に芯が入ったような実在感のある音だと思います。

真空管独特の暖かみもあり、倍音や響きがキレイに出てきます。

また、音の立ち上がりも速く、スピーカーユニットを
きちんとコントロールしているので低域もボワっとしません。

お家で、「なかなかうまくスピーカーが鳴ってないなぁ」
とか「力があるアンプは欲しいけどセパレートアンプまではチョット...」
という方、ぜひ一度聴いてみて下さい。

2月17日(日)までご試聴いただけますので
ぜひご来店下さい。


Y



Esa-Pekka Salonen 60歳の誕生日(2018年6月30日)を記念して、1985年から2012年まで、ソニー・クラシカルから発売された全ての録音を一つにまとめたThe Complete Sony Recordings 61枚組Box Setを聴きます。

5214UAG.jpg
ソニー・ミュージックレコーズ
発売日 : 1991-10-25

Nielsenが続きます。今回は交響曲第3番と第6番を聴きました。これらも興味深い作品です

録音:Berwald Hall, Stockholm
1989年6月5/6日〈1.-4.〉
1990年9月20/21日〈5.-8.〉
続きを読む
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽