FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

タヘツィ(ヘルベルト)
MCAビクター
発売日:1998-07-01

Hermann Scherchenは1891年6 月21日ベルリンに生まれ、1907年からブリュートナー管弦楽団、ベルリン・フィル、クロール・オペラなどでヴィオラ奏者として活動する一方、ナイトクラブなどでも演奏した。

1912年にはシェーンベルクとそのグループに出会い、11 月5日、ミュンヘンでシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」を演奏し、指揮者としてデビューした。 リガ交響楽団の指揮者としてロシアに滞在中、第一次世界大戦が勃発し、捕虜として抑留されたが、音楽活動は継続、弦楽四重奏曲などを作曲。

1918年にベルリンに戻り、以後、ドイツを中心としたヨーロッパ各地のオーケストラで指揮活動を行った。ヒンデミットやクルシェネク、オネゲルなど現代音楽の初演も数多い。一方で、音楽教育や、労働者合唱団の指導にも力が注がれ、さらに新音楽擁護のための雑誌を発刊するなど、精力的に活動。

1933年にナチス政権が成立すると、これに反対してスイスに移住、第二次世界大戦が始まるまでは、ドイツを除く欧州諸国のほか、パレスチナや中国にまで足を伸ばした。1936年には、本番直前に指揮をキャンセルしたヴェーベルンの代役として、ベルクのヴァイオリン協奏曲をルイス・クラスナーとともにバルセロナで初演している。

戦争終結後は南米やトルコへ演奏旅行を行うなど活発な活動を再開、また、新しいレコード会社ウェストミンスターに参加、1950年以降ウィーンで数多くのレコーディングを行う。

レパートリーは極めて幅広く、バロック、古典派以前から、当時最先端の現代音楽までをその範囲としていたが、J.S.バッハ(とりわけ「フーガの技法」)、ベートーヴェン、マーラー、さらにシェーンベルクなどの新ウィーン楽派の作品を特に愛好していた。

録音:1965年6月 Mozartsaal, Vienna
続きを読む
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
nmzk

【本棚登録】赤とんぼ?美しい日本童謡旋律集 http://bit.ly/agF7qp
06-14 22:56

【本棚登録】基礎から学ぶ森と木と人の暮らし http://bit.ly/cD8qa1
06-14 08:52