FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


館野 の演奏でSelim Palmgrenの作品を聴きます。
私はこの作曲家を今まで知りませんでした。

Selim Palmgren(1878~1951年)はフィンランド南西部のPorissaで生まれ、幼少時より姉にピアノを学び、1895~1899年までヘルシンキ音楽院(現在はシベリウス音楽院)でピアノと作曲を学び(1898年プロ・デビュー)、その後ベルリンでアンゾルゲ(リストの弟子)、ウィーンで ブゾーニに師事、ピアニストとして有名になり、ドイツ、イタリア、アメリカに滞在するようになります。
1921~1926年までロチェスターのイーストマン音楽学校、その後ヘルシンキ音楽院でピアノ教師、1939年から作曲の教授を務めます。

このアルバムは彼の中期ピアノ小品集をメインに初期の魅力的な小品も数篇収められています。
北欧の繊細な雰囲気を感じさせる素敵なアルバムです。

録音:1993年3月 ヤルヴェンパー・ホール フィンランド
続きを読む
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽