FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

今晩は私の大好きなフリッツ・ライナー、シカゴ交響楽団で「くるみ割り人形」と「展覧会の絵」を聴きます。

彼は長い間録音、再生技術に懐疑的で、初めてレコード録音したのは1938年50歳の時だそうです。
その後、LP時代を迎えようやく乗り気になってRCAと契約を結びました。

RCAは彼の厳しい要求を満たす為に新しい機材を採り入れ、1956年から使用されたそうです。

きびきびとした彼のリズムが素晴らしいです♬

録音:1959年3月30日「くるみ割り人形」、1957年12月7日「展覧会の絵」 シカゴ・オーケストラホール

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽