fc2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


横山勝也, メシアン, 武満徹, ハイティンク(ベルナルト), アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団, 鶴田錦史 / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(1994/10/05)
Amazonランキング:20171位
Amazonおすすめ度:



武満徹:ノヴェンバー・ステップス ベルナルト・ハイティンク

武満徹の名作、ノヴェンバー・ステップスとメシアンの作品をハイティンクで聴きます。

ノヴェンバー・ステップスはNYフィル創立125周年記念として武満に作曲を委嘱されたもので、1967年11月に小澤、NYフィル、そして鶴田錦史 、横山勝也によって初演されました。

それまでの西洋と東洋の融合というような作り方ではなく、あえてその違いを浮き彫りにした優れた作品です。
鶴田錦史 と横山勝也の息詰まるような対決も素晴らしいです。

ハイティンク、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団も、とても丁寧に演奏しています。

録音:1969年12月17-19、21日(1.*)1969年2月5-16日(2.)アムステルダム・コンセルトヘボウにおけるライヴ

演奏者:ベルナルト・ハイティンク(指揮)、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
1.*鶴田錦史(琵琶) 、横山勝也(尺八)

曲目

1.* 武満徹:ノヴェンバー・ステップス
2. メシアン:さればわれ死者のよみがえるを待ち望む
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽